4月17日、朝6時半、携帯のアラームが鳴り響き起床…

いよいよ今日は大和ミュージアム!

 

ただ翌日出かける予定があるとプレッシャーで全然寝れなくなる体質で

この日も見事にそれを発動して

まぁーーー寝不足だよね…

 

この精神の細さよ…

 

そして朝食を食べながらグーグルマップで呉の位置をチェック。

 

あれっ、呉めっちゃ遠くね!?

 

雑兵さん、呉めっちゃ遠いことを知る。

 

そんなこんなで出発!運転は父!!

兄は助手席!雑兵さんは後部座席でゴロゴロ!!

 

あー大変だわー長距離移動めっちゃ大変だわー(*^_^*)

 

ブゥゥゥーーーーーン

ブゥゥゥーーーーーーン

ブゥゥゥーーーーーーーン

ブゥゥゥーーーーーーーーン

 

遠い。

 

1時間ぐらいはキャッキャッとはしゃいでいたが

2時間ぐらい経つ頃にはすでに車内はぐったりムード。

 

途中岡山は吉備SAにて休憩を挟む。

そ、外の空気がうめぇ…!

 

父「お、あそこに桃太郎像があるぞ」

雑「ほんまや!見に行ってみよう!」

 

 

 

思ったよりリアル志向だった。

 

 

折角なので記念撮影。でけえ。

 

そして売店できびだんごを買い、

出店で蟹の旨味たっぷりとかいう鬼の金棒を模した食べ物が!

そりゃ買うでしょ!

 

こんなん

 

ワーイ蟹の旨味をたっぷり味わうぞーー!!!

ムシャリ

 

 

うん・・・・

 

 

そして吉備SAを出て再び高速へ。

 

ブゥゥゥーーーーーン

ブゥゥゥーーーーーーン

ブゥゥゥーーーーーーーン

ブゥゥゥーーーーーーーーーン(遠い)

 

そんなこんなでついに高速を降りて呉の町へ!!!!

至るところに呉の文字が!うおおおテンション上がるぜ!!!

 

一度行ったことがある兄が駐車場まで道案内して無事に大和ミュージアム到着!!!

天気も良く絶好の大和ミュージアム日和だぜ!!!

 

大和ミュージアムの向かいにあるてつのくじら館に飾ってある潜水艦。

でかすぎて写真に収まらない…

 

そして大和ミュージアム入り口へ向かうまでの道沿いに

 

戦艦陸奥の主舵が!!

これまたでけえ!!!

 

ちなみに艦これの陸奥。爆発事故のせいでろくに戦わず沈んでしまったので運のステータスが低い。

選択時の「せぇんかぁん陸奥」っていう言い方が癖になる。

 

 

せぇんかぁん陸奥のスクリュー。

 

記念撮影。でかい。

 

せぇんかぁん陸奥の41cm砲。でかい(さっきからでかいしか言ってない)

 

ゲームで出てくる名前が出てくるとテンション上がるよねー。

 

せぇんかぁん陸奥の錨。重そう(でかい以外の言葉をひねり出した)

 

そして大和ミュージアムの中へ。

 

チケットを購入し中へ入ると10分の1スケールの大和が!!

でででででかぁーーーーい!!!

けど右手通路入ったところに期間限定開催の大和展があるから先そっちね〜。

 

中へ入ると色々と貴重な資料や艦船の写真、豆知識、、山本五十六の手紙などなど…

そして艦橋内を模したところの窓に、

まるで本当に外を覗きこんでるようなCGが映し出されてSUGEEE!!ってなった。

これのすごいところはその窓の下を覗きこむと本当に下のほうが見えるようになってるところ!

そこは主砲発射練習の映像が延々流れてるので主砲が動いてることも見下ろせる!

うーん、すごい。

 

そして出る。

ん?期間限定の大和展ってこんだけ?

 

いや、すごかったけどこれを期待して見に行ってはいけない。

やまミュ来たらついでに何かやってたわーラッキーぐらいのノリで行くのが吉。

 

で、10分の1大和ですよ!

 

でかあああぁぁぁ・・・・

ん?伝わってる!?伝わってないよね!?

いやマジすごいでかいんだけど!!

ほ、ほら艦橋だよ!大きいよ!伝わってないね!?

 

 

こ、これでどや!?奥に人がいるだろう!?なんかでかいのが分かるだろう!?

分からんか!

この迫力は直接見て感じて欲しい(誰)

 

 

ちなみに下に降りて眺めることもできる。

迫力だぜ!(伝わらない)

 

水上機って割とでかいのねー。

 

ちなみに今回はお金をおろし忘れてカッッッツカツだったため諦めたけど

1000円で記念撮影とかしてくれるよ!提督服とか着れるっぽい?

真実は君の目で確認して欲しい(金銭的に無理と分かってあまりちゃんとチェックしなかった)

 

ちなみにこちらが艦これの大和。大和撫子な見た目とゴツイ46cm砲のギャップがかっこいいぜ!意外と声はキャピキャピしている。

めっちゃ強いけど燃費が悪すぎて使うのがつらい…けどそれがまた史実らしくてイイネ!

 

 

 

 

そしてぐるりと色んな展示を見まわる。

色んな艦船の模型とかも置いてあって楽しい。

けどなにぶん10年以上前の古いデジカメなせいで容量が少なくほとんど写真は撮っていない…

新しいデジカメ欲しいネ・・・

 

戦闘機に搭載されていた機銃とか。

戦艦日向の旗とか。

 

他にも実際に海底から引き上げられた大和の残骸や遺品なんかもあったよ。

こういうのを見ると、本当にあったことなんだなぁという強い実感が生まれるよね…。

 

そういうのいっぱい撮りたかったけどデジカメの野郎マジ。

 

 

 

特攻兵器回天。

9メートルと聞いて結構大きいのねーと思ってたけど実際見てみると

思ったより小さい…

 

本当にキッツキツな感じ。

ちなみに回天に搭乗する人が特攻前に録ったという

(割と棒読みな)肉声なんかも聞けるよ。

 

そして回天の前には零式艦戦六二型が!

でかい!!迫力!!

おう!伝わってないやろ!!

 

これはあまり出したくなかったが…

これでどや!!

 

ふざけてるわけじゃないんですよ、心からの敬礼なんですよ。

取り敢えずでかさは伝わったね!?

 

ちなみに艦これでの零式艦戦六二型

春イベで大活躍だったよv(^o^)v

 

 

砲弾とか20.3cm主砲とか。

重巡青葉搭載の型らしいよ。確か。

 

 

九一式徹甲弾とか三式弾とか。

 

うーん、でかい。

俺なら直撃を食らっても受け止めることは出来るだろうが…(みたいなことを考えながら見てた)

 

艦これでの三式弾。

対空装備として、また陸地のボスに対しての特効ダメージ、と色々と使えるお利口さん。

 

艦これでの九一式徹甲弾。

いまいち使いどころの分からない謎装備。

 

 

艦これで猛威を振るっている特殊潜航艇、甲標的甲。

ドラマの撮影に使われたものの内部だそうだよ。

 

こんなサイズ。

 

艦これではこれを装備すると先制雷撃可能になってとてもつよい(重雷装巡洋艦は)

 

 

そして二階に上がって

上から見下ろす大和。

丁度この時学生集団が。

もう少し遅ければ巻き込まれていたところだった…

学生たちのおかげでサイズ感が分かりやすいね!

 

 

 

上から見下ろすゼロ戦。

いい具合に人が居たのでこれまたサイズ感が分かってイイネ!

 

二階…三階だっけ?にはテラスがあって

そこからはお向かい、てつのくじら館の潜水艦が!

この距離でも斜めにしないと写真に収まりきらないこのでかさ。

 

そんなこんなで大和ミュージアムをひと通り周り終わる。

デジカメの容量のせいで撮れなかったけど

展示物はかなりいっぱいあったので色々見れて楽しいよ!

 

そしておみやげ屋さんで延々迷った挙句大和Tシャツ購入。

普段使い用にと比較的地味なやつを選んだら兄に

「そんなんつまらんわ、もっと大和アピールしたやつにせな」

と言われたけど僕にはその勇気がなかった…無かったんだ…!

 

とまぁそんなこんなで大和ミュージアム終了、お次は向かいのてつのくじら館!

 

入るとまず機雷のコーナーが。

全然知らなかったんだけど、戦後

日本の近海に仕掛けられた機雷達による被害がすごく多くて

駆除するのにめっちゃ苦労したらしいね…

 

そんな機雷の説明や標本、

機雷駆除の船やアイテムなどなどが飾られてて実に興味深い…

 

でもやはり戦後の話で少し気が緩んでるというか、

その機雷処分具に顔が描いてあったりしてちょっとほっこり。

 

そして進むと潜水艦の模型など

潜水艦関連の情報がいっぱいのところへ。

 

実際に潜水艦のベッドを体験できたりするよ!

狭いけどなんだか落ち着くゾ…

 

現代の潜水艦「そうりゅう」の模型。

艦これのコミカライズ「いつか静かな海で」は

現代の船とリンクさせた話作りで何だかすっごいジンと来るから必読ですゾ〜!!

 

そしてここからはなんとさっきから見てたあの現代の潜水艦「あきしお」に入れちゃうぞ!!

係のおっちゃん「かなり低くて狭いから頭とか気をつけてねー。君なんか大きいから特に頭気をつけてね(笑)」

雑兵さん「あっハーイ(そうりゅうの写真を撮りながら)」

 

ちょっと!写真とってる時に絡まないでよ!良い反応できなくて申し訳ないじゃないの!!

 

 

潜水艦の中へ!

左手に見えますのがトイレとシャワーです。

 

トイレです。実際に使われてた潜水艦なので

使用感がなんともいい味出てますね・・・

 

ハッチを見ると潜水艦!って感じがするよねー。

 

執務室じゃなくてえーと何だ、まぁ部屋。狭い。

 

 

こんな狭さ。

 

通路も狭い…ん?なんか広そうに見えるな…

 

潜水艦の中はずっとポーン  ポーン とソナー音が鳴ってて

本当に潜水艦で潜ってるような気分に…ならなくもない?

 

ごちゃごちゃした何か。

 

奥まで行くと

計器類とか

 

ハンドル的なアレ。

 

他に潜望鏡なんかもあって外の様子を覗けるぞ!楽しい!

 

ってうおお!なんか足元透明のガラス張りじゃねえか!

ビビるじゃねえか!!

 

 

あっ伝わらねえ!なんか下が見えるんスよ。

 

この潜望鏡とかハンドルがあるところには元潜水艦乗りの自衛官のおじさまが

色々説明してくれるぞ!

 

 

とまぁそんなこんなで潜水艦を出る。

いやー楽しい。

やっぱ実際に入れるとなるとテンション上がっちゃうよね。

 

そして出口付近にはおみやげコーナーが!

 

そして値札の横に手書きのデフォルメ艦むす絵が!!!

 

艦名帽子の横に、それぞれのキャラの絵がご丁寧に全部描かれている…!!

こっっここここれはネタ的に撮らねば!!!

 

・・・と思ったけど何やら視線…

あっちょっと離れたところで立ってる若い海上自衛隊の二人組が

めっちゃこっちの様子を伺ってる!!!

さてはこれ描いたのお前らやな!!!???

 

「ププ、あいつ俺の描いた艦むすに反応してるよwww」

「オイオイまた艦これ厨のにわかかよwwww」

 

って笑うハラだな!!?畜生そうはいくか!!

 

ということで写真に収めず。

へへ、勝った…(何に)

 

ここもお金があれば何か買いたかったんだけどなー無念…

何故金をおろし忘れたし…

 

 

ふぅー久しぶりのシャバだ、空気がウマいぜ(本当にこういう気分になる)

 

でも心なしか街全体が油臭いような…

 

あっもうこんな時間!夕飯に遅れちゃう!

でもその前にまだとってなかった昼食!

 

選んでる時間も無かったのですぐ隣にあるカフェで海軍カレーを食べようということに。

 

海軍カレーに1000円のと1500円のものが。

まぁ安い方でいいじゃろう、と雑兵さんと父はそれを。

兄は「折角ここまで来たんだから高い方にするわ」

と高い方を。

 

雑兵「それ、メニューに山本五十六の愛したなんちゃら〜って書いてあったからじゃろう?」

兄「そうやけど?(開き直り)」

 

五十六ファンめ!

 

高い方は牛タンをしっかり煮込んでどうの〜みたいなのが描いてあったけど

つまり牛タンが溶けこんどるんやな?

さすが500円高いだけはあるぜ・・・

 

そしてカレー。

1000円の。

 

1500円の。

うわっまさかの丸のまま乗ってきた!!!

 

そして食す。

ムシャリ!

 

ん・・・?

この味・・・・・

これ・・・・・・・・・

さては・・・・・・・・・・

 

レトルトの海軍カレーそのまま使っとるやろーーーー!!!!

 

いやおいしいけども!!

おいしいけども!!!!!

作れよ!!!!!!!!!!!!

 

 

〜〜大和ミュージアムレポ、完〜〜